北方領土の国後島沖で羅臼漁協(北海道羅臼町)所属の漁船2隻がロシア国境警備隊の銃撃を受けた問題で、第1管区海上保安本部(小樽市)は3日、新たに第58孝丸で1カ所、第63清美丸で7カ所の計8カ所の弾痕と見られる損傷を確認したと発表した。損傷は2隻合わせて28カ所になった。 

【関連ニュース】
漁船情報の空白4時間半=銃撃時の位置特定できず-1管
漁船位置情報に空白=銃撃時間帯に数時間
ロシア外務省に厳重抗議=漁船銃撃
船体前方に弾痕集中=銃撃受けた漁船2隻-1管
ロシア警備隊ヘリが銃撃=国後島沖の漁船2隻に

ベルマーク50周年 AED購入や「実験教室」利用も(産経新聞)
池谷幸雄さん、追突される 車はそのまま逃走(産経新聞)
小沢氏不起訴、地検特捜部長の一問一答(読売新聞)
スカイマーク、茨城空港に神戸と結ぶ初の国内定期便就航へ(産経新聞)
児童ポルノ投稿サイト開設=「市民センターのパソコン使う」-容疑で男子高生逮捕(時事通信)
AD