ハイチ大地震で復興支援を行っている国連平和維持活動(PKO)に参加する自衛隊派遣部隊の第1陣160人が6日午後、現地に向けて出発する。これに先立ち、鳩山由紀夫首相や北沢俊美防衛相が出席し、防衛省で隊旗授与式など一連の出国行事が行われる。

 派遣部隊は施設部隊を中心に約350人で構成。国連ハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)に参加する。首都ポルトープランス東部に拠点を構え、被災者のための仮設住宅づくり、がれきの撤去や道路補修などにあたる。派遣期間は11月30日までの約10カ月。

 第1陣は8日未明(現地時間7日昼)に現地入りする予定で、宿営地の建設に着手する。トラックや油圧シャベルなどの機材は日本から空輸し、早ければ来週末にも本格的な活動を開始する。第2陣以降も順次、出発する。

 自衛隊のPKO参加は平成4年のカンボジア以来、7回目。今回はカンボジア(約600人)、14年の東ティモール(約680人)に次ぐ大規模派遣となる。

【関連記事】
配給と引き換えに現金要求 ハイチ被災者怒り
「ウィー・アー・ザ・ワールド」でハイチ支援
自衛隊300人規模・63億円支援 長期戦…課題多きハイチ復興
日本の技術で交通網復興を ハイチで期待の声
陸自ハイチ派遣 PKO協力の次を考えよ

<入試問題ミス>神戸松蔭女学院大の出題で正答二つ(毎日新聞)
「帰化で対応を」=外国人参政権付与に反対-亀井担当相(時事通信)
<鳩山首相>北方領土返還に意欲 「最も解決したい問題」(毎日新聞)
春の始まりに「立春の酒」を=福島県磐梯町〔地域〕(時事通信)
【中医協】回復期リハ、「2単位実施」の要件を追加(医療介護CBニュース)
AD