平野博文官房長官は3日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を話し合う政府・与党の沖縄基地問題検討委員会が、米領グアムを視察する方針を決めたことについて、「(在日米軍再編で在沖縄海兵隊の)8000人がグアムに司令部を含めて移行する上で、グアムのアンダーセン空軍基地、およびその周辺を見ていくということが第一義だ」と述べ、移設候補地として視察するわけではないとの認識を示した。 

【関連ニュース】
鳩山首相、「潔白」信じるのは当然=小沢氏は同志
グアム視察「海兵隊移転先として」=松野副長官
普天間現行計画変えない=戦略策定の米国防次官
米国務次官補インタビュー要旨
グアムを中旬に視察=普天間検討委

<温室ガス削減目標>小沢環境相、国内15~25%軸に検討(毎日新聞)
企業献金禁止に反対=亀井氏(時事通信)
普天間移設「すべてを俎上に」=岡田外相(時事通信)
<公明党>「政治とカネ」の協議機関設置を呼びかけ(毎日新聞)
【中医協】安全な麻酔管理体制を評価(医療介護CBニュース)
AD