パン製造・販売で知られるアンデルセングループ(広島市)のタカキベーカリーは4日、介護食用のパンである「らくらく食パン」を開発したと発表した。同社によると、パンの介護食は業界初。8日から医療機関や介護施設向けに販売を開始する。
 口腔(こうこう)内のだ液が奪われやすいパンは、咀嚼(そしゃく)能力が低下した高齢者には食べにくい。一方、高齢者の多くは戦後の食の欧米化の流れの中で、パン食に最も親しんだ世代でもある。「パンを食べたい」という強い要望が介護現場などから寄せられていたことが開発のきっかけになった。
 「らくらく食パン」は、特殊な製法でタンパク質の一種であるグルテンの量を減らし、舌でつぶせるほどの柔らかさにすることで介護食としての安全性を確保した。パン独特の食感はないが、見た目や風味を楽しむことができるという。 

太田前代表の公認取り消し=参院選で公明、責任論に配慮(時事通信)
【集う】2010年度ミス日本グランプリ(産経新聞)
NTT西に業務改善命令=顧客情報の漏えい問題で-原口総務相(時事通信)
【中医協】医療職とケアマネとの連携を評価(医療介護CBニュース)
<陸山会土地購入>大久保秘書、虚偽記載関与認める供述(毎日新聞)
AD

コメント(1)