第22回和辻哲郎文化賞(兵庫県姫路市主催)は1日、一般部門が学習院女子大教授、今橋理子氏の「秋田蘭画の近代」(東京大学出版会)、学術部門が出版社勤務、互盛央氏の「フェルディナン・ド・ソシュール」(作品社)にそれぞれ決まった。賞金各100万円。授賞式は3月1日、姫路市市民会館で。 

【関連ニュース】
大藪春彦賞に樋口、道尾の2氏
新エネルギー活用で表彰受ける=アサヒビール
直木賞は佐々木譲、白石一文の2氏=芥川賞は該当作なし
織田作之助賞に中丸美繪氏ら
芥川賞、直木賞候補決まる=「大森兄弟」らが初

<和辻哲郎文化賞>今橋理子さんと互盛央さんが受賞(毎日新聞)
雪あかりの路 小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)
<うそ>警察に「強盗被害」、妻には「サッカー協会に転職」(毎日新聞)
津波の爪跡生々しく…チリ地震後の写真発見(読売新聞)
収賄容疑で福岡県元副知事を逮捕、県町村会から100万円(産経新聞)
AD