4日午後9時ごろ、さいたま市西区の無職女性(60)が、「振り込め詐欺の被害にあい500万円振り込んだ」と大宮西署に通報した。

 同署の調べでは、1月18日午前10時ごろ、女性宅に長男(34)を装った男の声で「交際中の女性を妊娠させ中絶させた。弁護士費用を振り込んで」などと電話があり、信じた女性は指定された口座に80万円を振り込んだ。

 その後も、「慰謝料が必要」などと電話が続き、女性は2月3日までに5回にわたって計500万円を振り込んだ。

 4日に長男と連絡が取れ、被害に気づいた。

【関連記事】
「女子高生を妊娠させた」ニセ60代弟が80代兄だます
“離活”相談1300万円詐取、容疑の41歳男逮捕
桑田真澄さんの元義兄を詐欺容疑で逮捕
結婚サギ女がドンペリ豪遊、ミナミで見せた素顔
中高校生のころから羽振りよさ見せ…婚活サギ女の素顔

18歳高校留学生、学生寮で20歳留学生刺す(読売新聞)
<フランス>本場もうなる「神の雫」 著名ソムリエ高い評価(毎日新聞)
<子供への性犯罪>教員の摘発が増加 2年で88人(毎日新聞)
雑記帳 あでやかに芸舞妓が豆まき 京都・八坂神社(毎日新聞)
免許手放し、半年間で27人=認知機能検査きっかけ-警察庁(時事通信)
AD