自民党の山崎拓前副総裁は4日、会長を務める山崎派の会合で「党再建への協力のあり方の具体論について(党執行部で)着々と話し合いを進めていただいている。結果がまとまりしだい改めて報告する」と述べ、離党しない意向を事実上表明した。同党のシンクタンク「総合政策研究所」の所長に近く就任する見通し。

【関連ニュース】
谷垣自民総裁:定年制厳守を3氏に通告…将来見直しは含み
自民党:谷垣総裁、山崎拓氏と会談 非公認を直接伝える
自民党:比例公認「70歳定年制」厳守 党内意見を考慮
山崎前副総裁:公認問題決着後、進退自ら判断
自民党:「70歳定年」賛否相次ぐ

トヨタは「顧客の視点欠如」=前原国交相(時事通信)
捜査の推移見守る=鳩山首相(時事通信)
【一筆多論】松村雅之 コールドケースを追え(産経新聞)
「隠れ天下り」監視へ新機関、人材センター廃止(読売新聞)
仮想空間での不動産勧誘、3社90億所得隠し(読売新聞)
AD