児童ポルノ根絶を目指して関係省庁が連携する「児童ポルノ排除対策ワーキングチーム」(議長・大島敦副内閣相)の初会合が4日、東京都千代田区の中央合同庁舎であった。有識者として出席した日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんが被害の実態を訴え「性的虐待を受けて傷つく子どもたちをいかに救うか、知恵を出し合って」と要望。7月をめどにインターネット上での画像流通防止策や被害児童支援を盛り込んだ総合対策を打ち出すことが決まった。

【関連ニュース】
鳩山首相:幸夫人、賞品の宝石類を寄付
ハイチ大地震:学校再開「見通し立たず」…ユニセフ
ハイチ大地震:ユニセフ、子供700人を保護
ハイチ大地震:大リーグ機構が9200万円寄付
リアル・クローズ:伊勢丹でチャリティー ヒロイン企画のTシャツ、ブランドとコラボで再現

2連敗の清水名人、切り替えに必死…将棋 女流名人位戦第2局(スポーツ報知)
不穏当発言「適当じゃなかった」亀井氏認める(読売新聞)
韓流呼び込め、ロケ地に「アイリス」ゲレンデ(読売新聞)
追及1年、巨額資金暴く=「本丸」到達せず-東京地検・小沢氏不起訴(時事通信)
小沢氏、不起訴の方針=関与立証、困難と判断-4日、嫌疑不十分・東京地検(時事通信)
AD