広島市のイヌのテーマパーク「ひろしまドッグぱーく」で多数のイヌが衰弱した問題をめぐり、動物愛護団体「アーク・エンジェルズ」がイヌを助けるためとして集めた支援金や物資の使途が不明だとして、募金した35人が同団体の代表者に募金の返還や慰謝料など計約380万円の支払いを求めた訴訟の判決が5日、大阪地裁であった。山下郁夫裁判長は「募金が詐取目的だったとは認められない」として請求を棄却した。

 判決によると、ドッグぱーくが平成17年、経営難で閉園した後、飼育されていた多数のイヌが衰弱。愛護団体は救助のためにホームページなどを通じて支援金を募った。山下裁判長は「3カ月間救助活動を行って一定の成果を上げており、だます意図があったとは認められない」と判断した。

 原告側は控訴する方針で、詐欺などの罪で代表者を刑事告訴することも検討するという。

【関連記事】
「私は菜食主義」台湾の女優が動物愛護訴え
巨額献金で捕鯨抗議船導入 シー・シェパード
中国でつかまった米環境テロリストのなれの果て
犬450匹無許可飼育で業者宅捜索 “黙認”の保健所も
“ワン”ダフルな共生目指して 「犬の里親検定」来春スタート

妻暴行死で夫に実刑=弁護人「裁判員に理由聞きたい」-仙台地裁(時事通信)
シェアやウィニー、常時調査=流通ファイルの実態把握-抽出の9割が違法・警察庁(時事通信)
「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」 華やかな金冠に感嘆(産経新聞)
薬事法違反 容疑でタミフル輸入代行業者ら6人を逮捕(毎日新聞)
協和発酵キリン、中期経営計画を発表(医療介護CBニュース)
AD