気象庁は1日、関東甲信地方の広い範囲で同日昼すぎから2日未明にかけ雪が降るとして、注意を呼び掛けた。日本の南海上にある前線上の低気圧が、発達しながら1日夜に伊豆諸島南部を通過、関東地方南部の平野部でも雪が積もる見込みという。
 2日午前6時までの予想降雪量は、いずれも多い所で山梨県が30センチ、長野県が20センチ、関東南部の平野部と北部が10センチ、箱根から東京・多摩、埼玉秩父地方にかけて15センチ。 

【関連ニュース】
元日にかけ大雪や暴風に警戒=強い冬型の気圧配置

普天間移設「覚悟読み取って」 参院決算委で首相(産経新聞)
<普天間移設>双方の主張を確認…日米外務・防衛局長会議(毎日新聞)
拉致問題「実行犯引き渡し項目」削除めぐり波紋(産経新聞)
<バレエ>15歳・佐々木さんが3位入賞…ローザンヌ国際(毎日新聞)
新製品16品目投入で売り上げ3.8%増を目指す―ロシュ・ダイア(医療介護CBニュース)
AD