法務、文部科学両省は5日、法曹人口を増やすために導入された新司法試験や、法科大学院が当初見込まれたほどの成果を上げていないとの指摘を踏まえ、法曹養成の改革について検討する合同作業部会を設置した。今年夏をめどに報告書をまとめる。
 作業部会は、法務省の加藤公一、文科省の鈴木寛両副大臣のほか、裁判所、検察、弁護士会、法科大学院の各代表者で構成。乱立気味の法科大学院の教育内容や、司法試験・修習の実態を詳しく検証した上で、具体的な改善策を打ち出す。 

関東甲信、大雪の所も=交通の乱れに注意-気象庁(時事通信)
3人死亡、運転の容疑者「報道でひき逃げ知った」(読売新聞)
<銭湯不正配管>下水料逃れ 浜松市5億7000万円を請求(毎日新聞)
午後の閣議、陛下の執務に影響…夜に決裁(読売新聞)
「自転車世界一周」最後の旅へ 鳥取の40歳冒険家(産経新聞)
AD