3日午前8時20分ごろ、羽田発女満別行きの日本航空1183便(ボーイング737型)が離陸直後に左側の第1エンジンから出火、異常を知らせるランプが点灯したため羽田に引き返した。

 同機は午前8時38分ごろ、緊急着陸。乗客121人と乗員6人にけがはなかったが、機体の点検のため羽田のA滑走路が14分間にわたり閉鎖された。日本航空などで出火の原因を調べている。

【関連記事】
NZ機、急ブレーキでパンク 成田、滑走路30分閉鎖
JAL機、エンジン異常で引き返す 乗客・乗員にけがなし
旅客機エンジンに鳥衝突 日航機引き返す 新千歳
バードストライク DNA鑑定で「危険な鳥」防除
航空祭で空自F15尾翼落下 福岡・築城基地

大阪・泉佐野市が学校統廃合など健全化計画を公開(産経新聞)
「本命外し」談合組織へ指示=ゼネコン側、妨害恐れ献金-東北工事で小沢事務所(時事通信)
新幹線停止 ボルト付け忘れ パンタグラフ 部品外れ架線切断(産経新聞)
輿石氏会見「小沢幹事長は辞任する必要はない」(産経新聞)
未来見つめ続ける像 桂浜(産経新聞)
AD