厚生労働省は2月3日から、介護保険についての書類や事務の手続きが煩雑で、関係者の負担になっているとの声を踏まえ、事務手続き見直しのための意見募集を始めた。期間は3月31日までで、電子メールや郵送、ファクスで受け付ける。

 介護保険制度上の事務手続き見直しをめぐっては、長妻昭厚労相が1月22日の衆院予算委員会で、「申請する書類が大変だ」という介護事業者の声を紹介し、ホームページなどで事務手続き見直しのために意見を募集する意向を示していた。
 厚労省の担当者によると、これまでの法改正や介護報酬改定などにより、制度の複雑化や事務の肥大化を招いているとの指摘もあることから、介護事業者や従事者、利用者や自治体関係者などから幅広く意見を募集することにしたという。

 具体的には、介護保険制度上の提出書類に記載する項目や様式、書類の提出頻度などの見直しを想定しているという。寄せられた意見については、分類・検討した上で、今年半ば以降に具体的な見直し策に反映させていくとしている。


【関連記事】
次回介護報酬改定で保険料上昇を示唆―山井政務官
介護保険法施行法改正案など閣議決定―政府
介護従事者の8割「業務内容に対し低収入」―公明党調査
介護職員処遇改善交付金で要望書―介護1000万人の輪
要介護認定の調査方法で意見募集―厚労省

<入試問題ミス>神戸松蔭女学院大の出題で正答二つ(毎日新聞)
<名古屋地域委>投票参加申請者は1割(毎日新聞)
法改正なら時効廃止も 世田谷一家殺害、八王子スーパー強殺…(産経新聞)
冬季集中講義 小沢塾が開催 10日から(産経新聞)
<置き去り>生後間もない女児が玄関先に 東京・大田(毎日新聞)
AD