大阪「正論」懇話会の第18回講演会が3日、大阪市北区の帝国ホテル大阪で開かれ、作家の佐藤優氏が「鳩山政権の外交課題」と題して講演した。佐藤氏は「国家体制がしっかりしていないと外交はできない」と強調。民主党の小沢一郎幹事長をめぐる東京地検特捜部の捜査にも触れ、「民主党の中にはファシズムの傾向がある。いま、検察が民主党とぶつかっていることでファシズムの傾向は阻止されている」と指摘した。

 佐藤氏は民主党の現状について「新左翼陣営の人から宗教団体まで取り込もうとしている」と分析。日本には現在、「数の論理による民主党の国家」と「官僚群に支えられた国家」の2つが存在しているとし、小沢氏に対する東京地検特捜部の捜査について「国家は誰が統治したらよいのかをめぐる、2つのエリート集団の抗争が起こっている」と述べた。

野党3党に渦巻く落胆と怒り 「政治責任」をなお追及へ(産経新聞)
辺野古移設「かなり難しい」=普天間めぐり-沖縄知事(時事通信)
小中学生の患者比率が3割超に―新型インフル(医療介護CBニュース)
岡田外相、10日に訪韓へ(産経新聞)
京品ホテル従業員、会社側と和解=廃業で解雇、地位確認訴訟-東京地裁(時事通信)
AD