4日午前7時10分ごろ、大阪市鶴見区今津南のJR片町線放出駅に隣接する踏切で、下り線の遮断棒1本が折れているのを通行人が見つけ、JR西日本新大阪総合指令所に通報した。同指令所は遮断棒を応急処置する間、踏切を通過する電車に徐行運転を指示。約15分後に通常速度での運転を再開した。

 JR西によると、上下線計29本が運休、計19本が最大15分遅れ、約3万4千人に影響した。

【関連記事】
遮断棒折れ5万人影響 大阪のJR学研都市線
踏切遮断棒折れ影響2万人超 尼崎のJR福知山線
JR阪和線で遮断棒折れ 堺市-三国ケ丘駅間の踏切
遮断棒トラブル連続3.2万人影響 京都・大阪のJR片町線
遮断棒折れ2万人影響 京都のJR東海道線

新潟水俣病訴訟 和解目指す(産経新聞)
挑戦者・張三冠が3連勝…棋聖戦あと1勝(読売新聞)
TBSゴールデンに韓国ドラマ 「経費削減のため」は本当か(J-CASTニュース)
ミリタリー・バランス タリバン勢力拡大 30→160(産経新聞)
女子中学生2人にわいせつ行為、巡査長逮捕(読売新聞)
AD