大学入試センターは5日、先月16、17日に行われた大学入試センター試験について、受験者数や平均点を発表した。

 受験者数は昨年より約1万3000人多い52万600人で、志願者全体に占める割合は94・08%(昨年93・32%)だった。

 科目別の平均点は、3番目に受験生の多かった国語(満点200点)が107・62点で昨年を7・84点下回るなど、29科目のうち15科目で昨年を下回った。

 ただ、受験者数が最も多かった英語の筆記(同200点)は118・14点で、昨年より3・12点アップ。次に受験者が多かった英語のリスニング(聞き取り)テスト(同50点)も、昨年より5・36点高い29・39点だった。

<白血病>原因分子を幹細胞内で発見 理研など(毎日新聞)
住宅火災で2人死亡、70代の夫婦か 東京・練馬(産経新聞)
<子ども手当>11年度満額支給は困難 野田副財務相(毎日新聞)
<教員採用>秋田で落ちても東京で合格 都県が連携(毎日新聞)
中学受験 本格シーズン 受験者数過去最高更新する勢い(毎日新聞)
AD