千葉県庁の不正経理問題で、独自調査を進めていた県警は4日、08年度までの6年間で不正額が約5億7000万円にのぼると公表した。県議会の不正経理調査特別委員会で報告した。

 県警会計課によると、不正の内訳は、購入物品の「翌年度納入」約3億9040万円▽代金をまとめて払う「一括払い」約9680万円▽別の物品を購入したように装う「差し替え」約2780万円▽業者に現金をプールしておく「預け」約850万円--など。

 県は08年度までの6年間に約37億円の不正経理があったとする最終的な調査結果を09年12月に発表。県庁ではこれまでに免職4人を含む2286人が懲戒処分を受けた。【倉田陶子】

政府が自民にガス田写真提供を拒否 政府内で責任なすり合い(産経新聞)
<死因究明制度>あり方検討の研究会が初会合 年内にも提言(毎日新聞)
ビールにパフェ…ファミレスで9時間無銭飲食(読売新聞)
神奈川県教委、不起立教員の氏名収集を継続(産経新聞)
<国会同意人事>政府が3機関10人を提示(毎日新聞)
AD