日本弁護士連合会の会長選が5日に投開票され、仮集計の結果、当落が確定せず、初の再投票が決まった。

 立候補していたのは、多重債務問題の取り組みで知られる宇都宮健児氏(63)と、現執行部の路線を継承する前日弁連副会長の山本剛嗣(たけじ)氏(66)。いずれも東京弁護士会所属。

 2年ごとの会長選は、全弁護士約2万8800人に投票資格がある。仮集計の結果、山本氏が9525票、宇都宮氏が8555票を得た。選挙規定では、最多得票の候補者が全国52ある弁護士会のうち3分の1(18会以上)で最多票を取れば当選になる。山本氏は9会しか制することができず、決着が持ち越された。【銭場裕司】

【関連ニュース】
調停委員:外国籍理由に神戸家裁が選任拒否 弁護士会抗議
日弁連会長選:宇都宮、山本両氏の争いに 来月5日投開票
日弁連会長選:主流派VS著名弁護士 法曹人口問題が争点
訃報:渡辺道子さん94歳=弁護士、元日本YWCA会長
明石歩道橋事故:「起訴」指定弁護士3人決まる

首相の株売却資料提出、参院予算委理事会任せに(産経新聞)
容体急変患者からインスリン=故意に投与の可能性も-京大病院(時事通信)
衆院選無効訴訟で請求棄却=比例区票の価値「平等」-東京高裁(時事通信)
<寛仁さま>退院 宮内庁発表(毎日新聞)
4億円通帳に「先生」記載、小沢氏は「知らない」(読売新聞)
AD