マンションなどに大量の覚せい剤を隠し持っていたとして、神奈川、埼玉両県警は30日、中国籍で住所不定、自称飲食店経営、陳増雄容疑者(33)を覚せい剤取締法違反(営利目的所持)容疑などの現行犯で逮捕したと発表した。両県警は陳容疑者が「我我(ウォウウォウ)」と名乗り、中国の麻薬組織から密輸した覚せい剤を首都圏で密売していたとみて調べる。

 逮捕容疑は29日午後、横浜市南区真金町のマンションで、ビニール袋入り覚せい剤約2.5キロ(末端価格約1億5000万円)や乾燥大麻15.5グラム(同約6万2000円)などを密売目的で所持していたとしている。陳容疑者は「弁護士が来たら話す」と黙秘しているという。

 神奈川県警によると、29日午後3時ごろ、別の薬物事件捜査のためこのマンション近くにいた捜査員が陳容疑者に職務質問したところ、覚せい剤約0.7グラムを持っていたため現行犯逮捕した。【中島和哉】

【関連ニュース】
薬物密売団:愛知県警などが摘発 イラン人容疑者を追送検
覚せい剤所持:名古屋地裁が無罪判決 第三者の可能性指摘
覚せい剤使用:千葉県警佐倉署の警部補を起訴 東京地検
赤坂晃容疑者:覚せい剤を使用した罪で起訴…千葉地検
覚せい剤:10キロ押収 2容疑者逮捕 警視庁

<救急車連絡ミス>搬送男性が死亡 東京消防庁(毎日新聞)
【中医協】退院調整、手厚い体制への加算を新設(医療介護CBニュース)
パロマ工業などと初の和解=遺族に8600万円支払い-湯沸かし器中毒死・名古屋(時事通信)
球場入場拒否は無効=「鳴り物応援」認めず-ドラゴンズ応援団一部勝訴・名古屋地裁(時事通信)
41歳清水名人、17歳里見倉敷藤花に「関根名人記念館」を案内…31日・女流名人位戦第2局(スポーツ報知)
AD