亀井静香郵政改革担当相は2日、閣議後の記者会見で、小泉純一郎元首相が進めた郵政民営化に関し、神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件を引き合いにして批判したことについて「適当じゃなかった面もある」と述べて釈明した。
 亀井担当相は雑誌などを対象とした先月29日の記者会見で、小泉元首相が民営化のため郵政を5社に分社化したことに関し「純ちゃんが神戸のA少年じゃないけれど、切り刻んだ」と指摘。大臣として品位に欠ける発言と、一部で反発を招いた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~4億円「知人から預かった」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

衆院比例ブロックの定数配分は合憲 選挙無効要求を棄却 東京高裁(産経新聞)
鳥もブルッ、う~寒い 断崖でウミウが越冬(産経新聞)
<漁船銃撃>被弾の2隻、銃痕を隠す 事実を隠蔽か(毎日新聞)
2漁船「迷惑かける」と銃撃明かさず(読売新聞)
協和発酵キリン、中期経営計画を発表(医療介護CBニュース)
AD