保守勢力の再結集を掲げる自民党国会議員を中心とした「真・保守政策研究会」は5日、自民党本部で総会を開き、会の名称を「創生『日本』」に変更することを決めた。名称変更について会長の安倍晋三元首相は終了後、記者団に対し、「『研究会』から『行動する議員の集団』に脱皮していくためだ。『保守』を取ったことに(特別な)意味はない」と強調した。

 会合では、安倍会長が掲げる「戦後レジームからの脱却」や「社会主義的・全体主義的体質をむき出しにする民主党政権から一日も早く政権を奪還する」とする運動方針を採択した。会員も現職の国会議員だけでなく、先の衆院選で落選した議員らにも広げることを決めた。

【関連記事】
安倍元首相、小沢氏の不起訴方針に「だれもが驚いた」
内閣法制局長官 鳩山政権で役割変質か
「とんでもないことだ」外国人参政権反対集会
安倍元首相「参院選を政権奪回の第一歩に」
鳩山首相の政権運営は「練習」だったの?!

「冷静に見守ることが大事」 与党内の小沢氏「けじめ」論に鳩山首相(産経新聞)
瀬戸内海のノリ、ピンチ=色落ち拡大、例年より早く-放水量増やし応急処置(時事通信)
小沢氏「けじめ」論で平野長官「コメント控える」(産経新聞)
米軍ヘリパッド問題 国が反対派の妨害禁止求め提訴(産経新聞)
自民執行部、山拓氏らに公認見送り伝える(産経新聞)
AD