企業が従業員らから厚生年金保険料を天引きしたのに、着服や手続きミスで納められず、従業員らの記録が訂正されたケースが07年6月~09年9月末、1万4124件にのぼることが厚生労働省の調査でわかった。保険料額は計9億399万円に達した。

 保険料を引かれながら記録上の加入期間が実際より短い「消された年金」被害を救済する「厚生年金納付特例法」(07年12月成立)の実施状況としてまとめた。

 同法では、こうしたケースについて国が当時の事業主や役員らに保険料納付を求め、事業主らは保険料の時効(2年)をさかのぼって支払う。半年を目安に支払われなければ、企業名や役員名を公表する場合もある。期間中に納付するよう求めたのは8563件、実際に納付したのは5437件(計4億2535万円)。事業主らが氏名などを公表されたケースは67件だった。【野倉恵】

【関連ニュース】
社保庁:複数の元幹部「宙に浮いた年金」発覚前から認識
ねんきん特別便:「訂正あり」、90万件の記録確認できず
雇用:各党が政権公約に
企業年金
年金問題:宙に浮いた年金、発覚以前「知っていた」 旧社保庁、複数の元幹部が認識

毎日新聞に100万円賠償命令=元秘書官発言、不正確に引用-東京地裁(時事通信)
皇太子ご夫妻が「国際衛生年」会議にご出席(産経新聞)
抗精神病薬5成分で無顆粒球症と白血球減少の副作用(医療介護CBニュース)
【中医協】NSTや呼吸ケアなど、チーム医療で3加算を新設(医療介護CBニュース)
内陸10キロに海の珪藻…古代遺跡が示す大震災「高さ10メートル津波」(産経新聞)
AD