鳩山由紀夫首相は1日朝、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、民主党内で小沢氏と距離を置く有力議員から、事件が小沢氏本人に及んだ場合に幹事長辞任を含む「けじめ」を求める意見が相次いだことについて、「検察が捜査している最中だから、大事なことは冷静に見守ることだ」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。

 さらに首相は「自浄能力は当然、党として発揮しなければいけない。説明すべきところは説明を果たしながら、国民の理解を求めることが必要だ」と語り、一層の説明責任の発揮も求めた。

【関連記事】
小沢氏に民主内から集中砲火 捜査大詰めの中、辞任要求も
小沢氏に「けじめ」要求 前原国交相と枝野氏も
小沢氏は「簿外資金」説明を 虚偽記入事件で福島氏
小沢氏関連団体、資金洗浄か 迂回で1千万円、陸山会へ
「お騒がせしている」首相が小沢氏問題で陳謝

<株主代表訴訟>西松建設元役員らを提訴 違法献金返還求め(毎日新聞)
6000食ど~んと完売…丼サミットいしかわ(読売新聞)
<救急病院受診>軽症患者の特別料金徴収案見送り(毎日新聞)
神戸ポートタワー 改修工事進む 3月下旬にリニューアル(毎日新聞)
レンタルCD詐取の母子、名前8回変え返却せず(読売新聞)
AD