トヨタ自動車労働組合(鶴岡光行執行委員長、組合員約6万3000人)は26日、2010年春闘で、ベースアップに相当する賃金改善の要求を見送る執行部案を決めた。

 定期昇給にあたる賃金制度維持分のみを要求する。ベア要求の見送りは5年ぶりで、来月12日に正式決定する。春闘のリード役であるトヨタ労組の判断は他の労組にも影響を与えそうだ。

 自動車生産は回復傾向にあるが、トヨタは10年3月期の業績を2年連続の赤字と見込んでおり、ベアの要求は難しいと判断した。物価が下落するデフレも考慮した。年間一時金(ボーナス)は、09年の獲得実績(186万円)とほぼ同水準となる「基準内賃金の5か月プラス10万円」を要求する。

<参院予算委>長妻氏が新語提案、「イクメン」「カジメン」(毎日新聞)
<暴行容疑>毎日新聞社員を逮捕 羽田で保安検査員を殴る(毎日新聞)
摘発の携帯電話充電器販社元社長「資金繰りでマルチ商法にシフト」(産経新聞)
インフル定点9.03、8週ぶり増加(医療介護CBニュース)
両陛下、農林水産祭天皇杯受賞者とお会いに(産経新聞)
AD