毎日新聞で約35年にわたり、風刺をきかせた「ヒトクチ漫画」を連載した漫画家の小林治雄(こばやし・はるお)さんが26日、心不全のため横浜市内の病院で死去した。84歳。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男泰一郎(たいいちろう)さん。

 山梨県出身。雑誌に投稿した漫画で注目を集め、毎日新聞に「フクちゃん」を連載していた横山隆一さんに勧められて1954年、「ヒトクチ漫画」の連載を開始。政治、経済、社会など、幅広い分野のニュースを題材にした1コマ漫画を描き続けた。この業績で73年、第19回文芸春秋漫画賞を受賞。89年まで「ヒトクチ漫画」の連載を続けた。他にスポーツニッポン新聞などでも風刺漫画を連載した。

<私立中学校>愛知県内で入試始まる 23日は9校で実施(毎日新聞)
<足利事件>92年1月28日の地検聴取テープ(1)(毎日新聞)
【中医協】医療技術72件の新規保険適用を了承(医療介護CBニュース)
<ミスさっぽろ>女子大生と会社員、2人に決まる(毎日新聞)
元フィギュアコーチに懲役7年=教え子の女子中生に暴行-名古屋地裁(時事通信)
AD