GMは26日、暫定的にCEOを務めてきたウィッテーカー会長が、正式にCEOに就任したと発表した。

ウィッテーカー会長は2009年夏、経営破たん後の新生GMのトップにヘッドハンティング。2009年12月には、ヘンダーソンCEOの辞任を受け、暫定的にCEOを兼務していた。

今回、ウィッテーカー会長がGMのCEOに正式就任。これはGMの取締役会からの要請で実現したもので、ヘンダーソン前CEOの後任として、ふさわしい人材が見つからなかったのが理由である。

ウィッテーカー会長は、CEO正式就任の記者会見において、「6月までに米国とカナダ両政府からの公的資金を返済する目処がついた」と語り、新生GMの再建が順調に進んでいることをアピールしている。

《レスポンス 森脇稔》

【関連記事】
GMヘンダーソン社長兼CEOが辞任
サーブ売却、交渉は最終局面へ
GM 特別編集

<足利事件>92年1月28日の地検聴取テープ(1)(毎日新聞)
高速炉「常陽」でぼや=外部への影響なし-原子力機構(時事通信)
社民・福島氏「普天間移設は覚悟を持って」(産経新聞)
自民3議員が鳩山邦夫氏の党政倫審開催を要求(産経新聞)
「小沢先生へ 畳の部屋」=4億円返済、手帳に記載-元秘書、捜索で押収・東京地検(時事通信)
AD