27日午後7時40分ごろ、千葉県鋸南町の岩井袋海岸で、東京都江戸川区本一色の建設会社経営、木下榮さん(60)が岩場に打ち上げられているのを、見回りをしていた県警館山署の署員が発見。木下さんは現場で死亡が確認された。

 調べによると、木下さんは塩化ビニール管パイプなどで作製したボートに試し乗りをするため、同日午前から同海岸に来ていたという。

 午後になっても帰ってこない木下さんを心配した家族から連絡を受け、同署の署員が見回りをしていたところ、岩場で破損したボートと、少し離れたところに打ち上げられた木下さんを発見した。

 同署によると、木下さんに目立った外傷はないといい、木下さんがおぼれたとみて、詳しい原因を調べている。

【関連記事】
相次ぐ釣り人遭難 立ち入り禁止の甘い誘惑
片山右京さん号泣「自分の責任」 遺体と対面
ダンス練習帰りの83歳 消防署ではねられ死亡
流された孫を助けようとして死亡 長野・天竜川で66歳男性
「ドリフト」見物か 姫路の駐車場で少女が死亡

<地震>青森・下北で震度4(毎日新聞)
秋葉原無差別殺傷 あす初公判 責任能力、どう判断(産経新聞)
ミスさっぽろ 女子大生と会社員、2人に決まる(毎日新聞)
鳩山首相 「起訴されないこと望む」発言を撤回(毎日新聞)
関東大震災、朝鮮人虐殺の犠牲者 大半の教科書に記述(産経新聞)
AD