準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)の株主の男性=横浜市=が、ダミー政治団体を使った違法献金で多額の資金を流出させたとして、献金などで支出した約6億9000万円を同社に返還するよう元役員12人に求める株主代表訴訟を、東京地裁に起こしていたことが分かった。提訴は09年12月19日付。

 違法献金問題では同社も09年9月、国沢幹雄元社長ら2人に約11億8000万円の賠償を求め提訴している。

 男性の代理人、松丸正弁護士は「違法献金事件は会社ぐるみの犯罪。国沢元社長以外の役員も関与していたはずで責任を追及すべきだ」と話している。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
陸山会土地取引:小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」
西松違法献金裁判:窓口役の部長が証言 来月26日結審へ
西松建設違法献金:初公判で大久保被告は起訴内容を否認
西松献金:丸抱え年300万円 ゼネコン「実弟詣で」
西松献金:二階氏秘書を略式起訴 100万円略式命令

「第2の氷河期作らない」経団連・連合が声明(読売新聞)
首相の判断に影響と民主=現行案、自民も困難視(時事通信)
橋下府知事、府市連携から再編 「決別」の狙いは? (産経新聞)
【社会部オンデマンド】東京湾第2海堡の黒煙の正体は?(産経新聞)
清水女流名人、歩切れで粘れず…女流名人位戦第1局(スポーツ報知)
AD