民主党の喜納昌吉参院議員ら沖縄県出身の与党議員は26日昼、衆院議員会館で会合を開き、米軍普天間飛行場の移設問題をめぐり、平野博文官房長官が同県名護市長選の結果を「斟酌(しんしゃく)しなければならない理由はない」と述べたことに反発し、近く平野氏に直接抗議することを決めた。会合では、「基地を背負っている人たちへの発言としては異常だ」(国民新党の下地幹郎政調会長)などと批判する声が相次いだ。 

【関連ニュース】
首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り
言葉が軽い=「斟酌の理由ない」発言
普天間、地元同意なしで結論も=平野官房長官
「中央政府が決めること」=基地再編で米国防総省高官
普天間、白紙での議論強調=鳩山首相

五島沖・「第2山田丸」沈没 救命胴衣290キロ漂流 鹿児島・吹上町で発見(西日本新聞)
「妻と長男、長女を殺した」と男が出頭(産経新聞)
「やっぱり法制局長官を国会に」政府が心変わり?(読売新聞)
岐阜・土蔵岳で滋賀県の夫婦遭難か(読売新聞)
11年度以降は拒否=子ども手当の地方負担-知事会議(時事通信)
AD