障害者割引郵便悪用に絡む厚生労働省の証明書偽造事件で、虚偽有印公文書作成罪などに問われた同省元局長村木厚子被告(54)=官房付、休職中=の初公判が27日、大阪地裁(横田信之裁判長)であった。同被告は「虚偽の証明書作成を指示したことも、部下らと共謀したこともない」と起訴内容を否認し、無罪を主張した。
 検察側は冒頭陳述で、石井一参院議員から依頼を受けた上司の指示で、村木被告がためらう部下に偽造を命じたと主張。弁護側も冒頭陳述し「検察が作り上げたストーリーで支離滅裂だ」と反論した。 

【関連ニュース】
〔特集〕現役キャリア官僚逮捕! 障害者割引郵便不正事件
元局長、検察と全面対決=民主党議員も証人出廷
厚労省元局長、27日初公判=証明書偽造、無罪主張へ
証明書偽造「関与一切ない」=厚労省元局長、会見で無実主張
厚労省元局長を保釈=郵便割引証明書偽造

一票の格差 2倍超また「違憲」 広島高裁 国会、対応迫られる(産経新聞)
<神戸・女性不明>知人が「埋めた」 京都の山林捜索(毎日新聞)
岩手県知事が東京地検批判(産経新聞)
「人だったかも」24km引きずり死容疑者供述(読売新聞)
「異性関係ばらす」と女性脅す=町課長補佐、容疑で逮捕-和歌山県警(時事通信)
AD