国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は28日、産経新聞社のインタビューで、鳩山由紀夫首相が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案の国会提出には与党合意が必要と表明したことを受けて、「国民新党が賛成しないと逆立ちしても法案を出せない。首相は分かっている。今国会に提出できないことは間違いない」と述べた。亀井氏は「帰化要件を緩和すればいい。(参政権を得るには)帰化し(日本国民として)同化していく方法を選ぶべきで、同化しないで権利だけ付与すると民族間の対立を生んでいく危険性がある」と指摘した。

【関連記事】
首相、外国人参政権「簡単ではない」
外国人参政権問題 官房長官「地方の意見は関係ない」
自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ
外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」
外国人参政権反対集会 地方議員1万人の署名目指す

小沢氏会見詳報(2)「与えられた職責を全うしたい」(産経新聞)
TVアニメ違法配信の男逮捕=新たな共有ソフト利用-京都府警(時事通信)
仲間飛び降り死「ニュース見て怖く」=少年2人出頭、万引き容疑で逮捕-大阪府警(時事通信)
<爆破予告メール>入間市に送った疑い 中3男子生徒逮捕(毎日新聞)
大麻譲渡容疑でラッパー逮捕=女子中学生の供給源か-兵庫県警(時事通信)
AD