環境省は22日、今年(1月末から5月)のスギ・ヒノキ花粉の最新の飛散予測を発表した。昨年末の予測同様、総飛散量は全国的に昨シーズンより少ない見通し。飛散開始は、東日本と北日本が例年より1週間ほど早く、西日本ではやや遅くなるという。最新の気象情報と花芽の調査に基づき予測した。昨年12月下旬の寒波によって、西日本を中心に気温が下がったため、西日本の飛散開始時期が昨年末の予測に比べてやや遅くなった。

 同省は花粉観測システム(愛称・はなこさん、http://kafun.taiki.go.jp/)で2月上旬ごろから情報提供する。【永山悦子】

【関連ニュース】
花粉:2月上旬~中旬ごろから飛散 量は少なめ…気象協会
花粉:例年より10日程早め--飛散予測
スギ・ヒノキ花粉:来春「少なくなる見通し」 環境省が予測
スギ花粉:今春、平年の3分の1程度 /静岡
スギ花粉:飛散来春予測 今春の3分の1、ピークは3月中旬 /石川

春闘 労使が初交渉 賃金より雇用確保優先(毎日新聞)
「QCサークル活動」発表会を開催-東京都(医療介護CBニュース)
<食中毒>弁当食べた137人に症状 愛知・稲沢の業者製造(毎日新聞)
<元長崎市長>本島等さん、野中元議員と反戦対談(毎日新聞)
「北限のサル」上野が嫌い?壁越え7時間家出(読売新聞)
AD