民主党の小沢一郎幹事長は27日夜、沖縄県那覇市内で、24日に行われた同県名護市長選で当選した稲嶺進氏と会談した。

 米軍普天間飛行場の同県名護市辺野古移設計画に反対する稲嶺氏は、「辺野古の海に基地を作らないでほしい」と要請した。小沢氏は「私の立場でしっかり対応したい。名護の皆さん、沖縄県民の皆さんの気持ちはしっかりわかっている」と応じた。

 小沢氏はこの後、那覇市内のホテルで開かれた民主党の喜納(きな)昌吉参院議員(比例代表)のパーティーに出席。今夏の参院選について「まさに旧体制との最終戦と位置づけている」と述べ、民主党の単独過半数獲得に向け支援を求めた。普天間問題や自身の資金管理団体「陸山(りくざん)会」の土地取引をめぐる政治資金規正法違反事件に関しては言及しなかった。

 名護市長選後に沖縄入りした与党幹部は小沢氏が初めて。

【関連記事】
鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」
ハイチ陸自派遣「工兵が一番求められている」
「辺野古反対は生命線」社民党大会で意見相次ぐ
社民・福島氏「普天間移設は覚悟を持って」
退陣秒読みのはずが…

小沢幹事長 虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布(毎日新聞)
学校爆破予告メールは「何となく」 27校休校、容疑の男子中学生逮捕(産経新聞)
<神戸・女性不明>知人が「埋めた」 京都の山林捜索(毎日新聞)
<詐欺グループ>廃業業者からの名簿流用 保護法の対象外(毎日新聞)
マンション非居住者限定の「住民活動協力金」は有効 最高裁(産経新聞)
AD