小泉Jr.が、“美人すぎる市議”にラブコールを送った。自民党は24日、今年最初の定期党大会を都内のホテルで開催。若手有望株の小泉進次郎衆院議員(28)は丸川珠代参院議員(39)とともに司会を務め、終了後は、今夏の参院選に自民党の比例代表での出馬が濃厚な青森・八戸市議、藤川優里氏(29)について「(参院選に出れば)心強い」と立候補を熱望した。

 発言が注目された藤川氏は、退場時に「出馬は?」の直撃に笑顔でスルー。マネジャーと思われる女性に守られながら無言のままだった。テレビ局1社の取材に応じた後は、報道陣が待ち受ける出口には姿を見せず、ひっそりと会場を後にした。

 参院選に関する発言はなかったが、堂々の全国区デビューとなった。党員の女性代表として紹介されて壇上に上がると、会場は「あれだよ、あれ」と笑顔を浮かべたり、携帯電話のカメラを構える出席者であふれかえった。

 ひざ上約7センチのミニスカートの濃紺スーツ。カチューシャにスカーフと小技も利かせた「美人すぎる市議」は、力強い声で「我が党はこれまで、女性の利点をあまりにも軽視してきたのではないでしょうか」と問題を提起。そして「私たち女性党員は理屈で動くのではありません。自民党、そしてこの国を愛する情熱が私たちを動かすのです!」と宣言すると、大きな拍手が巻き起こった。閉会後は、ツーショットを希望する来場者とプチ撮影会を敢行する人気ぶりだった。

 【関連記事】
美人すぎる市議、映像で八戸をPR
美人すぎる市議、参院選出馬の意向伝える
優里市議も食べる!?自民党大会でまんじゅう販売
美人すぎる市議・藤川優里氏が自民から出馬へ

<伊達市長選>仁志田昇司氏が再選(毎日新聞)
<喜多方市長選>山口信也氏が初当選(毎日新聞)
追試実施は見送り=「インフル患者減少」-東大入試(時事通信)
「名護市選挙結果斟酌せず」 平野官房長官に与野党から批判(J-CASTニュース)
囲碁十段戦、挑戦者に山下棋聖(産経新聞)
AD