27日午前7時半ごろから同10時ごろまでの間、JR福知山線で、宝塚駅(兵庫県宝塚市)に到着前にATS(自動列車停止装置)が誤作動し、列車に非常ブレーキがかかるトラブルが7回発生した。車両に異常がなかったためいずれも運転を再開した。

 JR西日本によると、ダイヤが混雑し、列車同士の間隔を調節するため赤信号で一時停止した後、青信号で発車した直後にATSが作動したという。JRが原因を調べている。

 一連のトラブルで同線や片町線などで6本が運休し、27本に最大32分の遅れが生じ、約1万9000人に影響した。問題のATSは福知山線脱線事故後の05年に設置されていた。【平川雅恵】

【関連ニュース】
東京メトロ:有楽町線で火花 一時運転見合わせ
鉄道事故:男子高校生はねられ死亡 千葉のJR成田線踏切
踏切事故:特急が軽乗用車と衝突 男性1人死亡 青森
鉄道事故:特急と軽自動車が衝突し1人死亡 JR奥羽線
JR根室線事故:人為的ミス原因か 負傷12人に

<雑記帳>飼い犬に「犬の住民票」を発行 東京・板橋(毎日新聞)
青森ねぶた師 収益確保目指し研究所発足、後継者難克服へ(毎日新聞)
<広瀬遺跡>水無瀬離宮の一部か…大規模遺構発見 大阪(毎日新聞)
陸山会土地購入 石川容疑者「小沢氏に事務処理を報告」(毎日新聞)
<学力テスト>誤答指さし再考促す…東京・足立区立中の教員(毎日新聞)
AD