自民党の石破茂政調会長は24日の党大会で政策報告を行い、政府・民主党が通常国会に提出の方針を決めた永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「憲法上の議論が多く残り、国民的議論も成熟していない。私どもは拙速な法案成立に断固反対する」と述べ、党として法案に反対する考えを表明した。

 また「(憲法上の)住民とは日本国民をさすと考えており、私どもは多くの疑義があると考えている。国の形そのものにかかわる問題だ」とも強調した。

【関連記事】
「進歩を目指す保守政党」 自民、党大会で新綱領発表
自民党新綱領の要旨
ノムさん自民党大会で講演、自民と楽天にチクリ
「互いに再生へ出発」 自民党大会で山口公明代表
政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか 

両陛下ご宿泊 老舗旅館で不法就労 容疑の社長きょう書類送検(産経新聞)
<鶴屋南北戯曲賞>小幡欣治さん作「神戸北ホテル」に(毎日新聞)
<掘り出しニュース>牧場の扉、基地…新幹線の駅名にも--地名の「戸」の由来って何?(毎日新聞)
「ハイチに千羽鶴贈ろう」 被災者喜ぶのか、迷惑なのか(J-CASTニュース)
内陸10キロに海の珪藻…古代遺跡が示す大震災「高さ10メートル津波」(産経新聞)
AD