電機メーカーの労働組合でつくる産業別労組「電機連合」は28日、横浜市内で中央委員会を開き、ベースアップ(ベア)などの賃金改善要求を見送り、「賃金体系(定期昇給)維持を図る」とする春闘方針を提案した。

 29日に正式決定する。

 中村正武委員長は中央委員会前に開かれた記者会見で、「定期昇給は組合員の働きがいを維持するための最低限の要求。定期昇給凍結は認めない」と述べた。

 2009年春闘で電機連合は、物価上昇を背景に月4500円の賃金改善を要求。しかし、急激な景気悪化の影響でゼロ回答が相次いだ上、一部労組では、春闘交渉の妥結直後に会社側から定期昇給凍結を提案され、実施された経緯がある。

法的責任なら小沢氏進退も=民主・輿石氏「その時点で対応」(時事通信)
ハイテク捜査最前線 解析技術向上、情報共有も(産経新聞)
大阪市の消防士、起こされ立腹し地下鉄職員を殴る(産経新聞)
衆院予算委、きょうから本格論戦 自民、審議応じ「ゆっくり追及」(産経新聞)
<警報・注意報>気象庁、5月27日から市区町村単位で発表(毎日新聞)
AD