バンクーバー五輪のフィギュアスケート男子日本代表、高橋大輔選手(23)あてに、このほど、和歌山電鉄・貴志駅の猫の駅長「たま」の写真入りお守りが贈られた。

 高橋選手は岡山県倉敷市出身。県スケート連盟会長で、同電鉄を経営する両備ホールディングス(岡山市)の小嶋光信社長が、高橋選手へのエールを込めて特注した。

 調整中の高橋選手に代わり、お守りは母清登(きよと)さん(60)の手に。メダルへの切り札は4回転ジャンプ。小嶋社長は「猫のようにきれいな着地を決めて」。【井上元宏】

【関連ニュース】
全日本フィギュア:帰ってきたエース高橋 大けが乗り越え
全日本フィギュア:高橋、小塚が五輪へ 3代表出そろう
全日本フィギュア:高橋がSP首位 小塚2位、織田3位
フィギュア:高橋に焦り 織田にも課題 大阪で公開練習
フィギュアスケート:公開練習 高橋がミス連発、織田は「好感触」

大阪市の消防士、起こされ立腹し地下鉄職員を殴る(産経新聞)
<平野官房長官>米大統領の広島訪問の意向を歓迎(毎日新聞)
新型ワクチン余剰分、「解約交渉のテーブルに」-長妻厚労相(医療介護CBニュース)
振り込め詐欺 日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
20km以上?引きずり死亡、運転の左官工逮捕(読売新聞)
AD