神奈川県警は25日、いずれも韓国籍の女性で住所不定、無職の牟英兒(モヨンア)(31)、裴恵貞(ペヘジョン)(32)の両容疑者を入管難民法違反(不法入国・不法在留)容疑で逮捕した。

 2人は過去に強制退去になっていたが、特殊なテープを張り付けて指紋を変え、空港の生体認証(バイオ)による審査をくぐり抜けて再入国していたという。

 指紋をスキャナーで読み取り、本人確認を行うバイオ審査は、2007年11月に導入されたが、翌年、同様の手口ですり抜けられたケースが発覚。法務省は09年から入国審査官が本人の指紋を目視するなど対策を強化しており、さらに警戒を強める。

 発表によると、2人はそれぞれ08年5月と10月、他人名義のパスポートで、韓国から羽田空港に不法に入国し、日本に滞在した疑い。

 同省が、くぐり抜け対策を強化する以前に読み込んでいた指紋を調べた結果、2人の不審な指紋を発見。同省で行方を追っていたところ、昨年12月末、「仕事がなく、帰国したい」と2人が東京入管の横浜支局に出頭したという。

 2人は08年1月、同県内の飲食店で働きながら不法残留していたところを摘発され、強制退去処分を受けていた。処分後、5年間は再入国できないが、2人は日本で働くために再入国したといい、「指紋テープで入国したが捨てた」などと供述している。

 同県警によると、偽造した指紋と旅券による不法入国の相場は百数十万円という。同省は今年度中に、指先の異物も感知できるスキャナーに更新するなど、さらに対策を強化する方針だ。

再診料引き下げ阻止などを小沢幹事長に提言―民主議連(医療介護CBニュース)
デモ参加者に催涙スプレー=17歳高校生を逮捕-警視庁(時事通信)
大阪・堺で2人組タクシー強盗(産経新聞)
福島氏、求心力にかげり…対民主の不満根強く(読売新聞)
2次補正採決、自・共「反対」公・み「賛成」(読売新聞)
AD