乗客の中学生に偽ブランド品を販売したとして、警視庁生活経済課と西新井署は26日、商標法違反容疑で、東京都足立区東和、タクシー運転手根本旭人容疑者(46)を逮捕した。同課によると、「偽物を売ったことは間違いない」と容疑を認めており、入手先などを調べる。
 逮捕容疑は昨年3月中旬、同区江北の飲食店で、タクシーの乗客だった埼玉県の中学3年の男子生徒(15)に、高級ブランド「ルイ・ヴィトン」の偽の財布やウエストポーチなど3点を計3万円で販売した疑い。 

【関連ニュース】
ブランド店で900万円相当盗難=男3人、ガラス割り侵入
違法コピーのウィンドウズ販売=中国籍IT会社員を逮捕
カジュアル衣料店、銀座で激戦=米アバクロも進出
靴修理「プラスワン」社長ら逮捕=店で偽ブランド製造販売
「笑笑」そっくりの看板で営業=居酒屋経営者を書類送検

押尾学容疑者 保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁(毎日新聞)
大阪市で火災相次ぐ 女性3人軽傷(産経新聞)
大阪・堺で路上強盗、大学生軽傷(産経新聞)
<万引き>飛び降り死亡した仲間の2人逮捕 大阪(毎日新聞)
AD