国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は28日、産経新聞社のインタビューで、鳩山由紀夫首相が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案の国会提出には与党合意が必要と表明したことを受けて、「国民新党が賛成しないと逆立ちしても法案を出せない。首相は分かっている。今国会に提出できないことは間違いない」と述べた。亀井氏は「帰化要件を緩和すればいい。(参政権を得るには)帰化し(日本国民として)同化していく方法を選ぶべきで、同化しないで権利だけ付与すると民族間の対立を生んでいく危険性がある」と指摘した。

【関連記事】
首相、外国人参政権「簡単ではない」
外国人参政権問題 官房長官「地方の意見は関係ない」
自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ
外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」
外国人参政権反対集会 地方議員1万人の署名目指す

<医療事故>誤って降圧剤など投与 男性患者死亡 愛媛で(毎日新聞)
<訃報>谷本守さん81歳=元鹿島専務(毎日新聞)
NSTが病院の増収に(医療介護CBニュース)
女子中学生らに大麻、ラップシンガーの男逮捕(読売新聞)
<準天頂衛星>1号機の愛称「みちびき」に JAXAが発表(毎日新聞)
AD