小沢一郎民主党幹事長が23日に東京地検特捜部の事情聴取を受けることについて、22日夕の閣議後の記者会見で、各閣僚から発言が相次いだ。
 菅直人副総理兼財務相は「潔白を証明し、幹事長としてがんばってもらいたい」と、聴取を区切りに小沢氏が引き続き職務にとどまることへの期待を表明。赤松広隆農水相は「どういう場であれ、きちんと本人の意思で応じるのはいいことだ」と指摘し、川端達夫文部科学相は「事情聴取を踏まえ、幹事長も国民への説明責任を果たすのではないか」と述べ、国民に対する説明も促した。
 前原誠司国土交通相は、小沢氏が聴取に応じることを「大変良かった。自ら疑念を晴らすための努力をしてもらえれば(いい)」と評価する一方、検察に対しても「しっかり話を聞き、事実解明を進めてもらいたい」と求めた。
 千葉景子法相は「いろんな形で、より一層国民に分かるような説明をするのではないか」と述べた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

工事の前払い金制度悪用 詐欺で2被告に実刑判決(産経新聞)
交通事故 京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが(毎日新聞)
【剛腕の威光】(4)小沢氏側近逮捕 「天の声」期待(産経新聞)
自民・谷垣総裁、片山元総務相の公認に「慎重」(産経新聞)
「学校に爆弾」とメール送信容疑、中3男子逮捕(読売新聞)
AD