全国都道府県議会議長会の金子万寿夫会長(鹿児島県議会議長)は22日、民主、自民、公明など与野党の政策責任者らと会談し、政府が通常国会への提出を検討している永住外国人に参政権を付与する法案について、2月9日に都内で意見交換会を開催することで合意した。同議長会は、全国知事会など他の地方5団体にも参加を呼び掛ける方針。 

【関連ニュース】
子ども手当で6団体に要請へ=地方負担「謝罪」も
普天間移設「知事会で議論を」=橋下大阪知事
国出先事務の7割地方に=知事会「仕分け」中間報告
子ども手当事務ボイコットも=一部財源負担に反発
「診療報酬プラス改定を」=長妻厚労相と初の意見交換

<火災>事務所兼住宅の一部焼く 1人死亡 大阪・城東(毎日新聞)
加湿器発火4件、6万台リコールへ(読売新聞)
ビル陰対策が課題=地デジ完全移行まで1年半(時事通信)
<静岡空港>ピンクの妖精飛来 FDA3号機がブラジルから到着(毎日新聞)
小沢幹事長贈与税逃れにならないか 家族名義口座に3億6000万円入金(J-CASTニュース)
AD