鳩山由紀夫首相は21日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先の決定期限について「米国との間もすり合わせておかないと意味がない。政府として最終的な考え方を5月末までに作り上げる」と述べ、日米交渉を含めて、5月中の最終決着を目指す考えを改めて示した。首相官邸で記者団に語った。

 普天間移設問題を巡り、政府・与党は昨年末、移設先を検討するため、沖縄基地問題検討委員会を設けた。検討委の委員長を務める平野博文官房長官は21日午前の記者会見で、「検討委の役割としては、(米側との交渉まで)含めてやれる状態にあるとは思っていない」と指摘。最終合意が6月以降となる可能性に言及した。

 あわてた鳩山首相は21日、平野長官に「政府として、最終的な考え方を5月末までに作り上げるという決意で検討委をやってほしい」と指示。同日夜には記者団に対して「米国とすり合わせをしないで、日本政府案が作れるわけがない。当然米国とよくすり合わせをして理解を求める」と、平野長官発言の打ち消しに躍起となった。

 沖縄基地問題検討委は21日、第4回会合を開いたが、各党の委員が移設先案を提出する時期について、当初予定の1月末から延期し2月中旬へと先送りした。社民党が提案予定のグアムについて「視察の後に提案したい」としていることが理由だが、政府が最終結論を出す5月まで時間が限られており、今後の政府・与党内調整にも影響しそうだ。【横田愛、小山由宇】

【関連ニュース】
普天間移設:平野官房長官「5月は政府起案の期限」
衆院代表質問:首相らの疑惑、論戦スタート
安保50年:米軍の抑止力強調 首相談話、普天間に触れず
日米安保:調印50年 首相「普天間が試金石」
普天間:移設先にグアム 社民が正式提案へ

<綾部市長選>前市理事の山崎善也氏が初当選(毎日新聞)
「進歩を目指す保守政党」 自民、党大会で新綱領発表(産経新聞)
<平野官房長官>米大統領の広島訪問の意向を歓迎(毎日新聞)
公衆トイレに女性の遺体=「母親殺した」と電話-神戸(時事通信)
<彬子さま>皇族2人目の博士号を取得(毎日新聞)
AD