民主党の喜納昌吉参院議員ら沖縄県出身の与党議員は26日昼、衆院議員会館で会合を開き、米軍普天間飛行場の移設問題をめぐり、平野博文官房長官が同県名護市長選の結果を「斟酌(しんしゃく)しなければならない理由はない」と述べたことに反発し、近く平野氏に直接抗議することを決めた。会合では、「基地を背負っている人たちへの発言としては異常だ」(国民新党の下地幹郎政調会長)などと批判する声が相次いだ。 

【関連ニュース】
首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り
言葉が軽い=「斟酌の理由ない」発言
普天間、地元同意なしで結論も=平野官房長官
「中央政府が決めること」=基地再編で米国防総省高官
普天間、白紙での議論強調=鳩山首相

室内物色、気づかれ殺害か…59歳男再逮捕(読売新聞)
<火災>中学で授業中にボヤ 不審火か 愛知・尾張旭(毎日新聞)
<足利事件再審>菅家さんテープ 否認後再び「自白」、号泣(毎日新聞)
足利事件 テープ再生 「虚偽自白」生々しく(産経新聞)
<菅財務相>沖縄返還密約文章 財務省へ調査の徹底を指示(毎日新聞)
AD