海外から輸入する新型インフルエンザワクチンについて、厚生労働省は22日、来月上旬に474万回分を初出荷できるのに対し、医療機関からの希望数量は計200回分だったと発表した。
 輸入ワクチンは、グラクソ・スミスクライン(英、GSK)が来月5日に240万回分、ノバルティス(スイス)は同月3日に234万回分の初出荷が可能という。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
追試実施は見送り=「インフル患者減少」
海外ツアー参加者、11.5%増=アジアが好調
山形で豚が新型インフル=国内2例目

足利再審で22日再生された録音の抜粋<1>(読売新聞)
出雲大社本殿の大屋根に伝統工芸技法で雨漏り防止対策 (産経新聞)
窃盗 高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖(毎日新聞)
最優秀論文に「防災学習」など=東京書籍教育賞(時事通信)
藤川優里氏「出馬は?」に笑顔で無言…自民党大会(スポーツ報知)
AD