香住漁港(兵庫県香美町)で27日早朝、深海魚「リュウグウノツカイ」2匹が水揚げされ、地元の漁業関係者は珍しい魚の姿に驚いた。

 2匹は体長は約4メートル。体が平たく細長いのが特徴で、最大で体長10メートルにもなる硬骨魚類では世界最長という。沖合約1キロの定置網にかかっていた。

 外洋に生息し、めったに姿を見せることがないだけに、セリでの購入者は「香住では10年に1度水揚げされるかどうかの珍魚。展示用にします」。

【関連記事】
ウナギのご先祖様は深海魚 遺伝子解析で判明
採った、撮った、食べた~愛媛の深海魚ブロガーは耳石の研究者だった
“ワケあり”の魚も食卓へ 阪神百貨店が安価で販売
珍しい深海イカ撮影 風船状に膨らみ浮遊
「コンペイトウ」の赤ちゃん誕生 越前松島水族館

寒さに強いぞ岩手県人、最も寒がり秋田県人(読売新聞)
<都教育委>全都立高で日本史必修科目に 13年までに実施(毎日新聞)
島の都議補選、民主・自民の大物が続々現地へ(読売新聞)
「一つ一つ調べられるかと怖かった」菅家さんから供述引き出す検事(産経新聞)
<社保庁>複数の元幹部「宙に浮いた年金」発覚前から認識(毎日新聞)
AD