自民党大会を翌日に控えた23日、東京・永田町の党本部1階ロビーには党員向けの屋台や出店が並び、大島理森幹事長がお好み焼き作りに腕を振るった。

 「料理は卵焼き程度」という大島氏だが、生地を返す手つきはなかなかのもの。周囲からは「与野党もひっくり返して」と声が飛んだ。1枚100円で販売し、収益はハイチ大地震などの義援金にあてる。

 同じころ、近くのホテルでは小沢一郎民主党幹事長の事情聴取が行われていた。「政治とカネ」問題といえば自民党政権の悪癖だっただけに、今回は汚名を返上するチャンス。大島氏は「庶民派」のアピールに懸命だった。【木下訓明】

外国人参政権への反対明言=亀井氏(時事通信)
<衆院予算委>首相、議員生命懸ける 「戦う野党」自民不発(毎日新聞)
振り込め詐欺 日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
<第2次補正予算案>成立へ 鳩山首相、守りで“逃げ切り”(毎日新聞)
<小沢氏団体不透明会計>小沢氏聴取会見 岩手県民ら、内容に不満の声(毎日新聞)
AD