社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は24日夜、沖縄県名護市長選で米軍普天間飛行場の移設受け入れ反対を掲げた稲嶺進氏が勝利したことについて「内閣は地元の民意に応え、辺野古の沿岸部に新基地を造らないことで全力を挙げるべきだ」と都内で記者団に述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<裁判員裁判>障害ある候補者に手話通訳手配せず 高知(毎日新聞)
<人工歯根>豊橋市保健所に問い合わせ殺到 使い回し疑惑で(毎日新聞)
小沢氏を事情聴取=原資など説明求める-虚偽記載関与を捜査へ・東京地検(時事通信)
主婦が予想、今年の家庭と収入は「平年より下」(産経新聞)
<法科大学院>14校が抜本的な改善必要、12校は不十分(毎日新聞)
AD