民間気象会社ウェザーマップ(東京都港区)は25日、桜(ソメイヨシノ)の開花予想を初めて発表した。東・西日本で平年より早い地点が多く、東京は3月24日ごろ、大阪は同27日ごろとしている。
 今年から、気象庁が桜の開花予想の発表を中止。民間会社の全国規模の開花予想は、既に2社が参入しており、同社で3社目となる。
 同社によると、昨年末から1月半ばの冷え込みで花芽がスムーズに休眠から覚め、2月から3月にかけて気温が平年より高い日が多くなるため、花芽が成長しやすいという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
「大寒」でも春の陽気=沖縄は夏日
年中楽しめるサクラ開発=開花に冬の寒さ要らず
北半球中緯度域、異常低温に=寒気の流れ込みで
都心で初雪観測=気象庁

社民党大会 政審会長と国対委員長の調整難航(産経新聞)
首相、「起訴されないことを望む」発言撤回(読売新聞)
2次補正への賛成表明=景気深刻、早期成立が必要-公明政調会長(時事通信)
<訃報>島田隆夫さん86歳=元鉄建建設副社長(毎日新聞)
海自の商船護衛100回、防衛相が指揮官を激励(読売新聞)
AD